設立・性格

 

 山口県国民健康保険団体連合会は、昭和15年7月山口県国民健康保険組合連合会として発足し、国民健康保険法の改正により昭和23年12月に山口県国民健康保険団体連合会と改称し、現在に至っています。

 

 また、国民健康保険法(第83条)に基づき、会員である保険者が共同して、診療報酬の審査・支払、保険者事務の共同処理等、その目的を達成するために必要な事業を行うことを目的に設立された団体であり、その性格は公法人です。

 

 なお、平成30年4月1日から、国民健康保険法の一部改正により、市町、国保組合とともに山口県も保険者となりました。