後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について

平成20年4月から、従来の老人保健制度に代わって、新たな高齢者医療制度として創設されました。
これにより、75歳以上(一定の障害がある場合は65歳以上)の方は、お住まいの都道府県ごとに設置された広域連合が運営する後期高齢者医療制度に加入することになりました。
保険料の徴収や各種手続きについては、お住まいの市町の後期高齢者医療担当窓口が行っています。

後期高齢者医療制度に加入する方

後期高齢者医療制度に加入する方は、以下の方になります。

75歳以上の方
加入している医療保険(国保・健保・共済など)に関係なく、75歳の誕生日から対象となります。

65歳から74歳までの方で一定の障害があり、申請に基づき広域連合の認定を受けた方

後期高齢者医療制度のしくみ(審査支払のながれ)

国保連合会では、山口県後期高齢者医療広域連合から委託を受け、診療報酬の審査支払業務を行っています。保険医療機関等から提出される診療報酬明細書(レセプト)を公正かつ適正に審査し、広域連合へ医療費を請求、医療機関等へ医療費の支払を行います。
審査支払のながれは以下のフローチャートのとおりです。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 総務企画班
TEL 083-925-2003
FAX 083-932-7003