障害福祉

障害福祉制度について

障害者総合支援審査支払業務

国保連合会は障害者総合支援法第96条の2の規定により、市町から委託を受け、指定事業者等から請求される介護給付費、訓練等給付費、特定障害者特別給付費、地域相談支援給付費及び計画相談支援給付費(以下「障害介護給付費」という。)の審査及び支払に関する業務を行っています。
また、児童福祉法第56条の5の2の規定により、県から委託を受けた障害児入所給付費及び特定入所障害児食費等給付費、市町から委託を受けた障害児通所給付費及び障害児相談支援給付費(以下「障害児給付費」という。)の審査及び支払に関する業務も併せて行っています。

【事業所向け】障害福祉サービス費等のインターネット請求について

【インターネット請求について】

障害福祉サービス費等のインターネット請求については、「電子請求受付システム(電子請求受付システムの総合窓口)」へアクセスしていただき、導入作業等が記載された資料「電子請求を始める前に」をご確認ください。

電子請求受付システム(電子請求受付システムの総合窓口)

※ 資料の取得手順は以下のとおりです。

① をクリックします。

② 画面左上にある をクリックし、資料を取得します。

【電子証明書について】

インターネットを経由しての介護給付費等の請求事務を行うためには、電子請求受付システムより電子証明書の発行申請等を行っていただく必要があります。

なお、障害者総合支援における電子証明書については、次のとおりとなります。

障害者総合支援証明書
有効期間  3年間
発行手数料 7,800円

障害福祉事業所等のみなさまへ

電子請求受付システムのユーザーID・パスワードの再発行について

電子請求受付システムのユーザーIDやパスワードを紛失等された場合は、以下の「電子請求受付システム ユーザーID・仮パスワード再発行依頼票」に必要事項を記入し、FAX(083-934-3665)により、本会へご提出ください。

後日、ユーザーID・仮パスワードを記載した「電子登録結果のお知らせ」を郵送いたします。

※本依頼票を受付した時点で、現在のパスワードは使用できなくなりますので御注意ください。

※再発行は、セキュリティの関係上、郵送のみで行っております。口頭での対応はしておりません。

(障害福祉サービス施設・事業所等)

(代理人)

請求日程等

請求事務ハンドブック

市町等番号一覧

過誤申立について

障害福祉サービス費等の請求及び受領に関する届について

届出事項に変更が生じた場合は、「障害福祉サービス費等の請求及び受領に関する届」の提出が必要です。

なお、「障害福祉サービス費等の請求及び受領に関する届」の開設者と振込口座名義人が相違する場合は、「委任状」を添付してください。

【代理人向け】障害福祉サービス費等のインターネット請求について

【インターネット請求について】

代理人における障害福祉サービス費等のインターネット請求については、「電子請求受付システム(電子請求受付システムの総合窓口)」へアクセスしていただき、代理請求の概要等が記載された資料「代理人申請電子請求を始める前に」をご確認ください。

電子請求受付システム(電子請求受付システムの総合窓口)

※ 資料の取得手順は以下のとおりです。

①  をクリックします。

② 画面左上にある をクリックし、資料を取得します。

【代理請求における電子証明書について】

代理人においてインターネットを経由しての介護給付費等の請求事務を行うためには、電子請求受付システムより電子証明書の発行申請等を行っていただく必要があります。

なお、代理請求における電子証明書については、次のとおりとなります。

障害者総合支援証明書
有効期間  3年間
発行手数料 7,800円

介護・障害共通証明書
有効期間  3年間
発行手数料 13,900円